カードローンの即日融資

カードローンの即日融資を受ける為の3つのポイントまとめ

即日融資は自動契約機が決め手!自動契約機設置ランキング

クレジットカードとは違い、カードローンでは自動契約機がいたるところにあって、即日カード発行ができるようになっています。大手消費者金融であれば、審査自体は21時頃まで行っているので、契約さえ完了すれば自動契約機で即日カード発行が可能、即日融資も可能になってきます。

ただやはり自動契約機を持っていないカードローンがほとんどですし、設置台数によっても自分がいける範囲内のあるのかということも重要になってきますので、自動契約機の設置台数が即日融資の可否に直結しているといっても過言ではありません。

自動契約機の設置台数

申込 自動契約機設置台数 実質年率 借入可能額
プロミス 1,700台 年4.5%~17.8% 最高500万円
プロミスレディース 1,700台 年4.5%~17.8% 最高500万円
アコム 1,109台 年3.0%~18.0% 最高800万円
モビット 約435台 年3.0%~18.0% 最高800万円

※ スマホでは表はスライドさせてご覧頂けます。

振込融資の可能時間が即日融資には重要

自動契約機のないカードローンでは即日融資の方法は即日振込しかありません。即日振込は振込先金融機関の都合も加味しなければいけませんので、曜日・時間が限られてきます。

また銀行カードローンの場合には、振込可能な金融機関すら限られてくるので、振込んで欲しい手持ちの口座により即日振込が不可能な場合もあります。ですから即日振込で即日融資を希望する場合は、

 

即日振込が可能な
  • 曜日
  • 時間
  • 金融機関
をしっかりチェックしておくことがポイントです。

即日振込が可能な曜日・時間・金融機関チェック表

申込 即日振込 実質年率 借入可能額
プロミス 指定した金融機関に最短即日振込可能※1 年4.5%~17.8% 最高500万円
プロミスレディース 指定した金融機関に最短即日振込可能※1 年4.5%~17.8% 最高500万円
アコム 指定した金融機関に最短即日振込可能※2 年3.0%~18.0% 最高800万円
モビット 指定した金融機関に最短即日振込可能※3 年3.0%~18.0% 最高800万円
三井住友銀行カードローン 三井住友銀行インターネットバンキング口座に最短即日振込 年4.0%~14.5% 最高800万円
三菱東京UFJ銀行カードローン 三菱東京UFJ銀行口座に最短即日振込 年1.8%~14.6% 最高500万円
じぶん銀行カードローン 指定した金融機関に最短即日振込 年2.2%~17.5% 最高800万円
静岡銀行カードローン セレカ 指定した金融機関に最短即日振込 年4.0%~14.5% 10万~500万円まで

※ スマホでは表はスライドさせてご覧頂けます。
※1 平日14時までにオンライン契約完了で可能
※2 平日14時までにオンライン契約完了で可能
※3 平日14時50分までにオンライン契約後に振込手続き完了で可能

審査は個人差があるのでとにかく申し込みは早い目に

最近のカードローンの審査スピードは早くなっています。特に大手消費者金融のシステムは、銀行カードローンの審査をしている(保証会社)為、最速での審査が可能です。

しかし個人の与信や借入希望額によっては、審査に掛かる時間は変わってきます。審査を完了して契約しないことには即日融資はありませんので、まず申込は早めにしておくことが最後のポイントです。

即日融資に有利なカードローンにまず申込んでおこう!

プロミス 【最短1時間融資】
即日振込・自動契約機・無利息サービスの条件の整ったカードローン

プロミスでは平日14:00までにオンライン契約が完了すると即日振込が可能になります。使い慣れた銀行口座に振り込まれるので引落し残高が足りない時にも有効です。

しかも、初回30日無利息サービス(要メールアドレス登録とWeb明細利用の登録)が付いているので30日以内に完済できるなら無利息で借りることが出来ますよ。初回の申込ならプロミスがイチオシです。

銀行の営業時間が終わってしまっていてもプロミスなら大丈夫。オンライン契約がその日のうちに完了し、オペレーターに即日融資の旨を伝えておけば近くの自動契約機にて即日カード発行できますのでその場で融資が可能です。

オンラインで契約完了できるから仕事中でもスマホや会社PCから申し込み可能。在籍確認も個人名で確認の電話が掛かってくるのでプロミスからの在籍確認であることは誰にも分かりませんのでご安心を。

在籍会社への電話での確認は担当者名で掛かってくるものの、それでも嫌な方はいます。プロミスならそんな方も在籍確認の電話を別の方法で相談が可能。申込後のプロミスからの電話の際に相談すればOK。

実質年率
4.5%~17.8%
借入限度額
最高500万円
プロミスレディースキャッシング
プロミスレディース
プロミスのサービスを同条件で使えるレディースキャッシング

レディースキャッシングでは、必ず女性オペレーターが対応してくれるので、女性の方でも安心して申込めます。モチロン一般プロミスと同条件で平日14:00までにオンライン契約が完了すると即日振込が可能になります。使い慣れた銀行口座に振り込まれるので引落し残高が足りない時にも有効です。

しかも、初回30日無利息サービス(要メールアドレス登録とWeb明細利用の登録)が付いているので30日以内に完済できるなら無利息で借りることが出来ますよ。初回の申込ならプロミスがイチオシです。

銀行の営業時間が終わってしまっていてもプロミスなら大丈夫。オンライン契約がその日のうちに完了し、オペレーターに即日融資の旨を伝えておけば近くの自動契約機にて即日カード発行できますのでその場で融資が可能です。

オンラインで契約完了できるから仕事中でもスマホや会社PCから申し込み可能。在籍確認も個人名で確認の電話が掛かってくるのでプロミスからの在籍確認であることは誰にも分かりませんのでご安心を。

在籍会社への電話での確認は担当者名で掛かってくるものの、それでも嫌な方はいます。プロミスならそんな方も在籍確認の電話を別の方法で相談が可能。申込後のプロミスからの電話の際に相談すればOK。

実質年率
4.5%~17.8%
借入限度額
最高500万円
アコム
アコムもむじんくんの多い無利息サービスのあるカードローン

アコムでは平日14:00までにオンライン契約を完了すれば即日振込が可能(審査結果による)です。

アコムでは当日中にオンライン契約を完了すれば全国にあるアコムのむじんくんにてカード即日発行ができ(審査結果による)、その場で即日融資が可能になります。

知名度も高く、むじんくんも全国に多数あるので利用しやすい即日融資可能なキャッシングです。

実質年率
3.0%~18.0%
借入限度額
最高800万円
モビット
モビット
正社員ならWEB完結で誰にもバレずに申込める

モビットでは平日14:50までのオンライン契約・振込依頼完了即日振込が可能です。(審査結果による)

また、オンライン契約が完了していればお近くのローン申込機にて即日カード発行ができ(審査結果による)、即日融資が可能になります。(審査結果による)

実質年率
3.0%~18.0%
借入限度額
最高800万円

元社員が教えるおすすめカードローンを選ぶ3つのポイント

小額借入は大手消費者金融を選べ!

小額の借り入れの場合はほとんど最高金利が適用される事になります。そうなると低金利カードローンも大手消費者金融の利息には大差ありません。

特に無利息サービスは利息を軽減するのに圧倒的効果がありますので、逆に大手消費者金融の方が利息が低くなる場合があります。

銀行カードローンには自動契約機を設置しているところはほとんどありません。

今日中・今すぐの即日融資は圧倒的大手消費者金融が有利!

 

ということは即日カード発行できないという事ですね・・・

そして銀行カードローンで即日振込みしてもらうには、

 

  • 自行口座を持っていなければならなかったり
  • 平日正午までに契約・振込手続きをしなければならなかったり
  • 平日じゃなければ不可能だったり

するのでカードが即日発行出来ない場合の唯一の即日融資の方法もハードルが高かったりします。

返済が長期になる場合は低金利カードローンだがしっかり適用金利を把握せよ!

返済が長期になるということは長い間利息を払い続けなければならないということなので、しっかり金利の低いカードローンを選ばなくてはいけません。

低金利ローンといえば銀行カードローンですが、銀行カードローンではしっかり借入金額に対する適用金利が決まっていますので、

 

自分の必要金額に応じた低金利カードローンを見つけなければいけません。

元社員が教えるカードローンのおすすめ一発検索

元社員おすすめカードローンランキング
スピード審査・融資のおすすめカードローン
返済金額の少ないおすすめカードローン
無利息サービスのあるおすすめカードローン
とにかく低金利で選ぶおすすめカードローン
専業主婦申込みOKなカードローンを選ぶ

スピード審査・融資のおすすめカードローン

スピード審査・スピード融資についてはカードローン業者にそれなりの環境が整っていなければなりません。

 

  • 保証会社に審査を依頼せずに自社審査でスピード審査を実現するカードローン
  • 最短審査時間・最短融資時間を短時間で公言できているカードローン
  • 24時間365日振込み対応銀行口座のあるカードローン
  • 振込融資可能時間を過ぎた場合に即日カード発行できる自動契約機を多数設置しているカードローン

これらの条件を満たしたカードローンの中から金利・無利息サービスなども踏まえてカードローンを選ぶ事が大切です。編集部のおすすめカードローンの調査結果は以下の通り。

- プロミス アコム モビット
保証会社 自社 自社 自社
最短審査時間 最短30分 最短30分 当日中
最短融資時間 最短1時間 最短1時間 当日中
24時間365日振込み対応銀行口座 三井住友銀行・ジャパンネット銀行口座 楽天銀行口座 なし
自動契約機 1,129台+1,371台(三井住友銀行ACM利用可能な為) 1,066台 350台

※ スマホでは表はスライドさせてご覧頂けます。

返済金額の少ないおすすめカードローン

 

今日借りても来月もピンチは続くの・・・毎月の返済額を抑えられれば・・・


こういった借り入れ後の返済に困る場合はカードローンの最低返済額を見て借入をしないと、

  • 返済の遅延
  • 返済の滞納

につながり、金利20%の高金利延滞金利を支払わなければならなかったり、自信の信用情報にキズがついたり(俗に言うブラック)になってしまったりするので注意が必要です。

 

例えば5万円借りた時の最低返済額を見てみましょう!


各カードローンの残高5万円の時の最低返済額一覧
カードローン名 最低返済額 カードローン名 最低返済額
プロミス 2,000円 三井住友銀行カードローン 2,000円
アコム 3,000円 みずほMyWing 10,000円
モビット 4,000円 オリックス銀行カードローン 7,000円

※ スマホでは表はスライドさせてご覧頂けます。

こういった時、最低返済額の低いプロミスを選べば返済の遅延・滞納を防ぐ事が出来ます

無利息サービスのあるおすすめカードローン

 

早期に返済が可能なら直接利息軽減に影響する無利息サービスを利用しない手はない!


無利息サービスを利用すればほぼ最初の一ヶ月は無利息ですから、一ヶ月で返済すれば利息はゼロですし、二ヶ月で完済しても利息は半分で済みます。

ですのでどんな低金利カードローンでも早期返済においては無利息サービスには敵わないのです。なので編集部のおすすめ無利息サービスは以下の二つです。

プロミス 最初の借入から30日間無利息
アコム 契約日の翌日から最大30日で借入までの日が経つにつれ無利息期間が減る

※ スマホでは表はスライドさせてご覧頂けます。

とにかく低金利で選ぶおすすめカードローン

 

とにかく低金利な所を選びたい!


という場合でも表記金利ばかりに気をとられてカードローンを選ぶと失敗してしまいます。それには先ず金利味方を知らなければいけません。

専業主婦申込みOKなカードローンを選ぶ

収入のない専業主婦は総量規制により消費者金融に申込むことができません。

カードローンおすすめ一覧からの選び方

カードローンは申し込みする前にしっかり比較することが大切 「不況」と呼ばれるようになって久しい現代において、多くの人が利用しているのが消費者金融をはじめとする各カードローン業者ではないでしょうか。こうしたカードローン業者が展開するカードローンの多くは、
  • 保証人も必要なく誰でも手軽に申し込むことができ
  • そのうえ使用目的についても制限がない
ということで高い人気があります。カードローンの業者や種類には多くの種類がありますが、その中でも
  • 大手と呼ばれるまでに成長した企業
  • 都市銀行が展開するカードローン
は優れた信頼性があることからより多くの利用者が存在します。しかし、それだけにこれからカードローンを利用しようと考えている人にとってはどの業者を選択すれば良いのか迷ってしまうものです。これだけ多くのカードローン業者があるのですから、どこを選んでもそんなに変わらないと考えるのは早計です。特にカードローンの場合、
  • 手軽に借り入れることができればそれで良いというわけではなく
  • その後の返済についても考えておく必要がありますので
  • どの業者で融資を受けることが自分にとって最適なものであるかということをしっかりと見極める
ことが大切です。実際に借入を行うカードローン業者を選ぶ際にまず考えるべきポイントとしては、

 

返済がしやすいかどうか

という点です。この「返済のしやすさ」については様々な意味があり、たとえば

 

設定されている金利がどれぐらいであるか

という点に始まり、返済方法として
  • 自動引き落としが選択できるか
  • あるいは店舗まで直接返済に行かなければならないのか
  • また、約定返済日が給料日に近いかどうか
等も含めて考えなければなりません。こうした場合に便利なのが、複数のカードローン業者を一度に確認することができる「比較サイト」です。 比較サイトではカードローン業者をはじめ、その業者ごとに特徴がまとめられており、もちろん金利や最高融資額についても確認することができますので、自分にとって最適なカードローン業者を簡単に絞り込むことができます。初めてカードローンを利用するということであれば、まずはこうした比較サイトを確認してみてはいかがでしょう。

カードローンの審査で注意すべき事

カードローンの審査は返済方法が少ないので気をつける

カードローンの審査で気をつけたいこととして、まず審査をしてくれる時間が、消費者金融よりも短いことが多いです。

消費者金融は夜まで審査をしてくれることが多いですが、ノンバンクや銀行のカードローンについては、審査をする時間が決められているので、それ以上の時間は審査をしてくれません。

当日中に審査の結果を聞きたいと思っても、全く審査が終わっていないので聞くことが出来ないこともありますので、注意して審査を受けるようにしてください。次に即日融資ができるカードローンが少ない点にも気をつけてください。

即日融資と言えば消費者金融のカードローンが有名となっていますが、銀行のカードローンについてはあまり行えるものがないため、利用したくても暫く待たなければなりません。

一部のカードローンは認めてくれることがあるので、もし即日融資を利用するのであれば、認めている会社を利用することとなります。そして一番重要なこととして、銀行のカードローンは返済方法が多様化されていない問題がある点です。

銀行のカードローンは、大半が引き落としを採用しているので、銀行口座にお金を入れておかなければなりません。一部の会社はATM返済を認めていることもありますが、消費者金融のようにネットバンク返済を行っている会社は殆どありません。

そのため返済方法が少ないため、返済方法を選びにくくなっている点には注意することです。銀行カードローンには、金利が低く設定されているメリットがあります。

消費者金融やノンバンクの銀行だと、かなり金利を高くしていることが多いのですが、銀行カードローンはそれ以外のサービスで利益を上げられるので、金利を下げることが出来ています。

消費者金融などは、このサービスを利用してくれないと利益を上げることが出来ないので、より多くの金額を回収するために金利を高くしているのです。

銀行カードローンはこのような低金利では助かりますが、返済方法が少ないものが多いため気を付けなければなりません。

プロミスすぐ借りれるプロミスすぐ借りれるプロミスすぐ借りれるプロミスすぐ借りれるプロミスすぐ借りれるプロミスすぐ借りれるプロミスすぐ借りれるプロミスすぐ借りれるプロミスすぐ借りれるプロミスすぐ借りれるプロミスすぐ借りれるプロミスすぐ借りれるプロミスすぐ借りれるプロミスすぐ借りれるプロミスすぐ借りれるプロミスすぐ借りれるプロミスすぐ借りれるプロミスすぐ借りれるプロミスすぐ借りれるプロミスすぐ借りれるプロミスすぐ借りれるプロミスすぐ借りれるプロミスすぐ借りれるプロミスすぐ借りれるプロミスすぐ借りれるプロミスすぐ借りれるプロミスすぐ借りれるプロミスすぐ借りれるプロミスすぐ借りれる